桜雨を感じる頃に

時々思うことを書き散らしたり、書き留めるdiary

3年経った

続けたこと

この前の11月21日で、このブログを開設して3年経ったのですが。

その間、記事を書かない月もあったし、今も更新の頻度が高くはないし、はてなダイアリーからはてなブログに移ったり、ブログ名を変えたりなどがありました。

溢れるほどの書くことがないという理由もあって、記事を書くペースはゆっくりだけど、一応3年、ブログを続けてきたといっていいのかなと思います。

もちろんブログを書く楽しさはあるし、ためになることもあると思う。いいことだけかってそれはそうではないかもだけど。

 

ブログの立ち位置

去年の12月、ブログをはじめて2周年と題してこんな記事を書きました。

ging-55.hatenablog.com

この記事の中で、ブログの自分の中での立ち位置がわからないと書いてるのですが、それから1年経って、やっぱりブログをやってる意味ははっきりとわからないんだけど、ひとつ言えることはこのブログは雑記帳のようなブログかなと。

雑記って響きは中身がないとも捉えられかねないので、堂々と言いにくかったんだけど、でも何かの事柄に関して特化して書けるようななにかの知識が私はあるとかじゃないし、書けるのって雑記だなって。

それで読んでくれる人がいたらちょっと嬉しいかなって。

ペースはとてもゆっくりだけど、これでいいかなって。もちろん、来てくれる人のことを考えたら、もっとペースが速い方がとも思うけれど、速くして自分が納得できない記事をあげるのはあれなので。

今年のはじめの新年の抱負に、もっとブログを頻繁に更新すると書いてたんだけど、それは微妙なラインでできたかどうか…?と思います。去年より記事数は確実に少ないので、できたとはいえないと思うけど、でもブログのことを考えてる時間は去年よりも多かったと言えるので、関わった感じは去年よりある。

これからもゆっくりのペースだと思うけど、よろしくお願いします。

 

これまでの中から

3周年なので、これまでの記事の中からオススメの記事をひとつ。

「嵐のアルバム」 - 徒然書

でも、これ嵐に興味ない人は全然興味ないと思うけれど、私は嵐が好きなので、お勧めのアルバムを語ってみました。まあ過去のアルバムについて語ってるけど、嵐を知りたければそのときの最新のアルバムを買うのが一番いいかもとも思う。

 

最近のこと

最近は、「ほぼ日手帳」の来年の分は既に買ってるのに、サイズがもっと大きい「ほぼ日手帳」の方がよかったかとまだ未練があって考えてる。うーん。

 

そんな感じです。

広告を非表示にする