桜雨を感じる頃に

時々思うことを書き散らしたり、書き留めるdiary

素敵なお買い物

とても素敵な服を買った。記念に書いておく。写真はないのだけど。高かった。でもそれだけのものはあると思う。

私にしては少し背伸びした服(値段的に)。でもそういうものを着れる歳になったのかなと少し思う。

服の買い物をするときに私ってどんなファッションが好きかなと改めて思った。洋服って買うのが難しい。ほんとに役立つものかどうかは実際に着始めてみないとわからないからだ。試着ではわからない。試着でわかるのはそのシルエットが自分にあうかどうか。実用的な部分は実際に生活で着ないと見えてこない。買って、自分のものになって、日常的に着てると意外なよさに気付いたり、逆にマイナスポイントに気付いたりする。買う前に、ある程度、良さというものは予想できるけど、意外と着やすい/着にくいなんてこともある。

買うときの判断材料は、デザイン、質(素材)、値段、試着した着心地くらいなものかなと思う。あとこれまで服の買い物のときに培ってきた経験。実際にそれが愛用品になるか、身につくものになるかは使い始めてみないとわからない。

これまでに培ってきた経験といっても、服って出会うもの一つ一つがそれぞれ新しいし、経験則が適応するとは限らない。それにブティックって店員さんと喋ったりするから緊張して頭が回らないこともあるし。結局買ってみないとわからないことはたくさんある。だから私は服の買い物についてはいまいち自信がない。

それで、私はどんな服が好きかなーと思うと、どちらかというとラフな服。かしこまった服よりも。スカートも好きだけど、普段着るのはパンツスタイルの方が好き。そして色はオペラピンクのような色に惹かれることが多い。飽きることもあるから、最近はピンク色に惹かれても避けることもあるけど。夏より冬の服が好き。かっちりし過ぎた服は好きじゃないけど、ビジネスっぽいキレイ系の服は割と好き。でも結局そのときの服との出会いで好みのものがあったら買ったりする。要するに自分がかわいいと思ったものを買う。「かわいい」って言葉には魔力があるよなーと思う。試着していて、「この服かわいいんですよ」って店員さんに言われたら、その服を「かわいいもの」と認識して更に買いたくなる。好みじゃなかったら、「かわいいものなんです」って言われても「そうか?」って思うだけなんだけど。自分の好みのもので、なんともいえず好きな感じを表す言葉が「かわいい」だと思う。

服の買い物についてだーっと語ったけれど、自分の頭を整理するためにも書いた。いつもどんなこと考えながら買い物してるかなーと思いながら書いた。自分メモ的な記事。

広告を非表示にする