桜雨を感じる頃に

時々思うことを書き散らしたり、書き留めるdiary

ほぼ日手帳を使って

9月のはじめに来年のほぼ日手帳を買ったのだけど。初めてのほぼ日手帳で、今年のものは持ってないけど、使ってみたくて、買った手帳のフリーページに日記を書いてみることに。

これが結構楽しい。

毎日を振り返るとなにかしら書くことがあって、今のところ日記は続いてる。

ただ、来年の手帳のフリーページを使ってるわけだから、書く容量を少なくしないとあっという間にフリーページが終わってしまいそうだけど。一日一ページ使うというわけには当然、いかないから、来年、一日一ページ使うのが楽しみ。

毎日、夕方ほぼ日手帳を開いてみる。その時間は優雅でたのしい。するべきことなどは書かないけど、何があったか書いておく。あとあと振り返るとおもいでも呼び起こされてそれなりに意味はあると思う。

買う前は、ほぼ日手帳を買っても書くことあるかなーとか日記は手帳に書かない方がいいっていうし…とか色々悩んでたけど、なぜかほぼ日手帳を前にするとなにかしら書きたくなるし、手帳に日記を書くのもほぼ日手帳なら許されるかなーと思う。

スマホに日記をつけるのは続かなかったのにね。不思議。

そんなわけで来年から楽しみだと思ってる。今年は一番安いカバーの手帳を買ったけど、来年はもう少し他のカバーも視野にいれて悩んでみよう。カバー選びを楽しむ人達の気持ちが少しわかった。高いカバーを買ってしまう気持ちも。

もっと早くほぼ日手帳を買えばよかったとも思わなくもないけど、今だからいいのかなという気もする。私がほぼ日手帳を必要とするときがきたのかなと(少し大げさだけど)

そんな感じで、みんなが「相棒」と親しむほぼ日手帳、私も必需品の一つにいれそうです。

 

ging-55.hatenablog.com

ging-55.hatenablog.com

広告を非表示にする