桜雨を感じる頃に

時々思うことを書き散らしたり、書き留めるdiary

私の鞄

今週のお題「カバンの中身」

 

いつも持ち歩いてる鞄の中身を振り返ってみると、ハンカチ、ティッシュ、ウェットティッシュ、財布、鏡、リップクリーム、鍵、スマホ、お守り、こんなものだろうか。

必要最低限…私は無駄なものを鞄にいれるのが本当に嫌いで。

ハンカチ、ティッシュはマナー最低限として、ウェットティッシュというのは意外と便利なことがある。出先で食事をしたときに、ウェットティッシュがないこともあるし、服が汚れることもあるので。

化粧ポーチなどをいれないのは、私は基本的に化粧をしないから。すっぴんですいつも。さすがに結婚式などに出席するときはすることもあるけれど。

あと鍵やスマホは必需品。

それだけ。

でも鞄が軽くていいし、自分がいつもいれてるものが固定されてるので迷わなくていい。

 

そして、たまにもっと小さいポシェットをすることがある。

その場合は、鍵とスマホと財布とお守り、それだけ。

必要最低限の最低限。まあ近所にでかけるときとかですね。

 

そんなわけで私の鞄事情です。

意外と欠かせないのがお守り。持ってると安心するし意味もあると思う。

 

私の大切なカバンの中身です。

世界

住む世界が違うと言われた。

世界が違うから迎えにいけないと。

 

じゃあ、そっちの世界をこっちと同じ色にしてみたら?って思った。

 

世界が違うっていうけどねぇ、同じ時代に生きてるんだよ。

同じ国に生きてるんだよ。

違うってことがあってたまるもんかそう思った。

 

きっと彼は私の幸せのことを考えてる。

自分に近付かない方がいいと思ってる。

 

だけどどうにもならない保証はない。

わからないそんなことは。

 

確かに今は解決策は浮かばない。

デメリットも充分予測できる。

 

だけど諦められない。

諦められないよ。

 

世界が違うなら塗り替えればいい。

そんなん無理かもしれないってわかってる。

大体塗り替えるって抽象的すぎだし。

 

でも待ってる。

 

私だって私の幸せのことは考えてる。

心配しないでいいよ。

 

きっとなんとかなる、そう思ってる。

そりゃ多少は傷つくことはあるかもしれないけどね。