桜雨を感じる頃に

時々思うことを書き散らしたり、書き留めるdiary

季節を感じること

ぼーっと自分のブログをパソコンの画面にだして、見つめてたら、タイトルの「桜雨を感じる頃に」って今頃やん(ちょっと過ぎたけど)と気付いた。

私は、好きな季節って秋冬と思うことが多くて、暑いより寒い方がマシだし、秋の切ない感じとか冬の暗い感じが好きと思ってた。でも最近、冬って意外と早く過ぎろと思ってる人がいると知る。理由は暗いから、寒いからなど、私が好きと思ってる部分を逆に捉えてる人もいる。私は年末のイベントが多い雰囲気も好きだったけど、最近、年末年始の特別感は確かに減りつつある。

それで、春先、春を好きという人も世の中にはいて、確かに、春のはじめっていいかなぁと、私がブログのタイトルにしてる言葉の頃の季節っていいかもと思った。

秋冬がいいと思ってた。でも春の明るさってきっと好きだ。プロ野球も始まるし。

暗さがあるから明るさがわかるって、たまに聞く話で、冬の寒さがあるから春の明るさがわかる、だからってわけじゃないけど冬いいじゃんって思ってたけど、好きな季節を考えるときに春をあげることは少なかったけど、心境の変化。冬があるからこそわかる、春の暖かさは好きだ。

今まで春単体で、考えてたんだな~、春ってぼーっとした暖かさみたいなイメージだった。でも冬から春の変化を考えると、春の暖かさっていい。ボキャブラリーが貧しいのだけど、いい、と思う。

 

去年の夏頃からかな、季節を意識して日々を過ごしてみようと思って、それから半年強経って、こんな記事になりました。

何真面目に考えてるんだろー…春がいいなってことをいつもの雑感の呟きの如く記事にしようと思っただけなのに。なんか日本語おかしくない?っていう思考の渦にはまるし。私の書く力って所詮そんなものだよ…。

 

夏から冬になっていくときは、秋という季節がほとんどないような気がした。残暑が厳しいと思ってたら、急に寒くなって中間の季節がないように感じた。

でも春はちゃんとあると思う。今、心地いい時期。花も咲いて。

すぐ暑くなるかもしれないけれど。

春服

ファッションのことを考えるのが楽しいと思い始めたのはいつだったかな。10代のときも興味はあっただろうと思うけど、本当に楽しいと思い始めたのはつい最近な気がする。大人になってから。

ファッションって実際自分が拘って着ていても、他人はそんなに人の服見ないよな~って思うこともあるけど。

でも自分の好みを洋服に反映させるってすごく楽しい。

 

ファッション雑誌もたまに読むけど、そこに載ってる服を参考にするかっていうと、どうかなと思う。結局自分の基準で、ブティックでは服を見てるような…。

でも服は好きだけど、おしゃれかっていわれたらわからない。自分では好きと思って着てても、人からどう見えるかはあまりわからない。

 

春になって思うのが、去年の春、何着てたっけ…って。秋モノも春に着回してたかなぁとか。でも実際、春になって明るい雰囲気のときに、秋モノのダークなのとかを着ると暗い気がして…、春はやっぱり明るい色を着たいと思った。

 

で、最近洋服で気になってる色は白色。情報で、春は白を組み合わせると明るくなって素敵というのを見掛けたから。白かぁ…綺麗だね。

 

今年春モノ全然買ってない、と思いつつ…。

 

ファッションって自由を語る要素のひとつになり得るとある人に気付かされた。

だから服っていいなーと思って…。

買い物したいな。

私の一冊

新生活って新しいモノを色々揃えられる機会だから、少しいいね。お店に行って買って回るの面倒臭いと思いながらも、新品が揃うとワクワクしそう。

「新生活おすすめグッズ」ってこれが便利みたいなものは思いつかないけど、手帳なんてどうでしょうか。

 

できれば日記が書けるスペースがあるもの。私が日記を書くという使い方を手帳でしてるからなんだけど…。

思ったことを書く、アウトプットするというのは意外とすっきりしていいです。

ネットで、日記を書くためにノートを買い続けてる、毎回どのノートを選ぶか楽しみという女性をみかけて、いいなと思った。

その人の場合は、手帳じゃなくてノートだった、まあ日記目的だけならノートでもいい。

手帳は予定を書く楽しさとか便利さもあるかもだけど、まあ「新生活おすすめグッズ」に日記帳どうでしょう。

自分のお気に入りの一冊を見つけるのは楽しいと思う。私は4年前から日記をつけてるのだけど、書き終えて溜まった手帳は財産になってると思う。読み返さないけどね、怖いから。笑。いやそんな怖いことは何も書いてないけど…。

 

買って三日坊主になっちゃったら、諦めましょう。

 

 

今週のお題「新生活おすすめグッズ」